手塩にかけた娘

【小桜クマネコ】犯しまくり「手塩にかけた娘が…」の第2話のネタバレ大公開

画像タップで今すぐ無料立ち読み!

手塩にかけた娘が自分の子供じゃなかった…

 

それは自分の人生を揺るがすショックだった。

 

あまりのショックに自分を見失った父親はその恨みを娘に向けた

 

自分で育てたそのカラダにオトコの性欲をぶつけた

▽大容量38ページの試し読みはこちら▽



△登録なし5秒で読めます△

クマネコ最新作「手塩にかけた娘」の第1話まとめ

大手IT企業のエンジニアとして働く中村俊樹の男は冴えない男だった。

 

その男の唯一誇れる存在が一人娘の陽葵(ひなた)だった。

 

だが、その自慢の娘は自分に全然似ていない。

 

疑念が抑えきれなくなった男はDNA鑑定を実行…

 

結果は「親子の可能性0%」という残酷なものだった。

 

結果に絶望した男は、そのショックから他人だと分かった娘を襲い始める…

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料で手塩にかけた娘を犯す

※会員登録の必要はありません

小桜クマネコ「手塩にかけた娘」の第2話あらすじ

陽葵のおっぱいを揉みまくる父親

 

嫌がる陽葵をよそに秘部にまで手をかける

 

「やめて!!お父さん」

 

娘のオマ◯コに手をかける。成長したマ◯コは密林のように茂っていた。

 

ク◯を触ると陽葵はカラダを震わせる。

 

指を挿入してみれば、第二関節まであっさり入ってしまった。

 

徐々に陽葵は感じている様子。

 

更にマ◯コからア◯ルにかけてをイジり手を早く動かすと声が漏れ始める。

 

「んん〜…ああんっ!!」

 

イってしまった陽葵。

 

「なぁ陽葵入れるわ」

 

そして娘を正常位に変え、チ◯ポを突き刺す

 

「えッッ…やめ…痛い!!!」

 

父は娘の処女を貫いた。

 

部活で鍛えられたムチムチの太ももを撫で回しながらピストン運動。

 

気持ちよくなった父は陽葵の中で果てた…

▽大容量38ページの試し読みはこちら▽


△登録なし5秒で読めます△

小桜クマネコ「手塩にかけた娘」の第2話の感想

娘への背徳感がかなりの興奮材料!

 

嫌がってる娘を犯しまくり、処女まで奪っちゃうのは鬼畜の所業www

 

でも娘も激しい抵抗をするというよりも必死に嫌なのを耐えてるという感じなので、それがすごい萌えるんですよね♫

 

しかも陽葵ちゃんの恥ずかしいそうにしながらも少し感じてる姿がエロい!

 

天然の爆乳おっぱいも良い味出してるし、めちゃくちゃ揉み倒したい衝動にかられちゃいますね。

 

床に押さえつけられてる時のおっぱいの柔らかさが分かるような描写だったり、正常位でズコバコやられている時の揺れ方も僕的には最高でした♫

 

もっともっとおっぱいを揺らしてもらいたいですね♫

 

ドンドンエロくしてください!

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい娘をみる

※会員登録の必要はありません