手塩にかけた娘

【小桜クマネコ】「手塩にかけた娘が…」の第1話のネタバレ大公開

画像タップで今すぐ無料立ち読み!

手塩にかけて育てた、最愛の娘

 

自分の誇り、自分の希望、自分の唯一にして無二の存在

 

そんな最高の娘は他人の子だった。

 

そのショックから茫然自失となった父親は娘に手を出した

 

父の暴走はどこまで進んでいくのか!

▽大容量38ページの試し読みはこちら▽



△登録なし5秒で読めます△

「手塩にかけた娘」はこんな人におすすめ

この作品のこんな人におすすめ

・巨乳好き

・JK好き

・近親相姦好き

・ロリ好き

・処女好き

・Sっ気のあるプレイ好き

・安定の良作好き

ちょっとでも当てはまったらすぐに試し読みへGO!

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料で手塩にかけた娘を犯す

※会員登録の必要はありません

小桜クマネコ「手塩にかけた娘」の第1話あらすじ

父親の中村俊樹はソフトウェア開発会社に勤めていた。

 

パッとしない成績で、職場では大した居場所がない男。

 

しかしそんな男にも唯一自慢できるもの、それが娘だった。

 

家に帰ると身体を寄せて出迎えてくれる可愛い子。

 

それが陽葵(ひなた)だった。

 

セミロングの綺麗な髪で、全体的な雰囲気は柔らかく、ご飯をアーンして食べさせてくれるほど父親に懐いている。

 

そんな最高の娘だけが男の生きがいだった。

 

だが、一つ気になっていることがある。それが圧倒的に父親と似ていないこと。

 

それは昔から言われていることだった。

 

妻が3日間の旅行に行った隙をついて、男は郵便である物を受け取った。

 

それはDNA鑑定の結果だった。男は本当に自分の子供かどうかを確かめることにした。

 

しかしその中には残酷な事実が記されていた。

 

「父親である確率0.000%」

 

希望の娘は100%他人の子供だった。

 

途方にくれていると娘が帰ってきた。母親が旅行でいないため、夕飯を作りに急いで帰ってきたという優しい父親想いの娘。

 

しかし、目の前の女子は娘ではない。

ただの他人。

 

そう思うと目の前にいる爆乳の女子の匂いやカラダに股間が反応した。

 

血の繋がりがないならやってもいいか!?

 

そして娘を押し倒す!

 

これまでの苦労を全てぶつけるかのように、今日明らかになった真実を陽葵に伝えながら、犯した。

 

たわわに実ったおっぱいは柔らかく、タプンタプンと揺れ、乳首は少し触っただけでビンビンにボッキし始めた。

 

乳首を舐め回す!もちろん陽葵は嫌がるがそんなことは関係ない!

 

そして元父親は処女の秘部へと手を出す…

▽大容量38ページの試し読みはこちら▽


△登録なし5秒で読めます△

小桜クマネコ「手塩にかけた娘」の第1話の感想

娘が赤の他人だったら…ヤレる!

 

これ今回は娘ですけど、姉・妹・母親でもあり得る話ですよね。

 

確かに芸能界からも勧誘されるぐらいの可愛さの女の子が血の繋がりがない子で自分に好意を持ってくれてるってなったら犯したくなる!

 

実際陽葵ちゃん恥じらってる姿がエロい!そしてそれがめちゃくちゃ可愛い!!!

これ止めるの無理くない!?w

 

小桜クマネコ氏の作品は前作から読んでるんですが本当に最高です!

 

素朴な感じのキャラクターなんですが、女の子の赤面してる顔とかが色っぽくてめちゃくちゃ抜けます!!!!

 

今作もこの第1話から本当に最高です♫

 

小桜クマネコとチンジャオ娘のタッグは自分の中では鉄板すぎる!!!

 

だから専門のサイト作っちゃったんですけどwww(抜きすぎ注意!)

 

さあどんどんやっていきましょう!

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい娘をみる

※会員登録の必要はありません